ミニ専門店は主治医じゃない?

顧客ブロガーSです。 太田社長からは 「ホメ言葉ナシのブログでいいよ」 と言われたのを真に受けて、 事前に書くテーマを伝えたことはないし、 本稿内容への文句や修正依頼も マジで一切ありません。 ディスると言いつつ、 なんとなくオチで信仰心が伝わるからなのか、 実はスタッフが誰も読んでいないのか、 C.C.O側のホンネをきっちり確認することなく、 ダラダラと連載を続けています。 もはやワタシは 草原に放牧された牛のように 身分や立場をわきまえず 勝手気ままな散文を書き散らかすだけの 放し飼いオヤジなのです。 ユーザーの信頼を失くすかも。 顧客メリットゼロかも。 コアなC.C.Oファンにはうざい存在かも。 そんな責任や覚悟はありません。 閑話休題。

ワタシの心境などどうでもいいです。 C.C.Oという組織は このブログがそうであるように 客が運営の一部をサポートしている 不思議な縄文型文化で成り立っています。



以下、 スタッフではなく顧客が担当する一覧です。 1.当然ですがこのブログ。 2.YouTubeの撮影やシナリオ。 3.そしてYouTubeの編集や更新。 4.イベントやツーリングなどの企画。

5.そしてそれらの広報と実行運営。 6.レース車両整備のアシスタント。 7.レースのエースドライバー。 8.浜名湖ミニデイ当日のショップ運営。 ワタシが知らないだけで きっともっといろいろあるはずです。 ‥‥ヘンですよねえ。 社員じゃなくて顧客がリアルな運営に 関わっている謎組織です。 ではリアル社員は いったい何してんの? そもそも社員おんの?…と、 知らない方は思うはず。 ちゃんといます。 自分のミッションを粛々とこなしています。 今風『ジョブ型雇用』の最先端といえば 聞こえはいいけれど。。。 営業のスズキさんは、 接客じゃ気さくで話しやすいキャラなのに、 顔出しにはなぜか消極的になる。 きっとヤバい過去があるに違いない。 メカニックのタキザワさんは 自由に喋らせれば雄弁に語りますけど、 広報やPRにはまったく興味ナシの 頑固なオッサンだし。 メカニックのヤスイさんは、 技術系の職人気質。 いつも穏やか笑顔だけれど、 ノリノリ盛り上げ役は似合いません。 庶務のコイズミさんは、 社長をオータくん呼ばわりする 紅一点の裏番長なので 余計な指揮命令には従いません。

(※写真は過去のミニデイ会場のブース出展風景) そういう社風のC.C.Oで ワタシをはじめさまざまな顧客が 太田社長にうまく利用されているのです。 まんまと、騙されるのです。 しかも自主的に。 嬉々として。 オーナー自らが通う 贔屓の専門店を 「主治医」と呼んだりしますが、 C.C.Oはもはや「在宅出家」です。 あ〜危険。


367回の閲覧

最新記事

すべて表示