オイル交換ひとつに太田純司の目が光る

顧客ブロガーSです。

週末にオイル交換をしました。

エンジンとミッションがつながって オイルを同居させてるミニは 定期交換が重要だと初歩の初歩で知り、 納車以来、欠かさずに3,000km毎に 交換サイクルを保っていたのに。

今回はあろうことか1,000kmも過ぎてから 気づきました。反省。 ワタシはふだん そんなに上まで回さない派なので 汚れは少なく、オイル漏れも見当たらず、 つまり減りも少ない。 大きな問題はないと油断してました。

しかしその後、 太田社長との会話でこんな展開に。 太「ついこないだYou Tube撮りましたね?」

私「ラジエターと冷却についてね」 太「日々の点検の重要性も説いたよね」 私「大事な話だったよね」 太「で、このクルマは気をつけてます?」 私「え‥‥あの、すみません‥‥」 太「あれ撮ったばかりで当然点検したよね?」 私「う‥‥‥‥えと‥‥」 太「リザーブタンク、ほぼ空じゃん!」 私「ごめんなさい〜〜〜」 オイルではなくクーラント液が 減っていることを指摘され、 ふだんのメンテ不足を痛感させらました。 でもまあこうして 叱られつつも事なきを得たわけです。 点検やオイル交換ぐらい自分でやれよ! って話かもしれませんが、 こういう目視のチェックだけでも 健康診断までしてもらっていると思えば、 オイル交換費用はムダじゃない。 こんなことを勝手にブログに書くと、 「診断は追加メニューだし!」 「太田の指名料は高けーからな!」 「なんでも無償じゃねーぞ!」 と脅されるのを覚悟の上です。 でもまあしかし、だ。 あいまいな整備内容やパーツ交換なんかで 法外な請求をされた経験は、 (今のところ)ありませんし、 C.C.Oはボッタクリだという噂も、 (今のところ)ないので これからもきっちり メンテナンスしていただこうと思ってます。


229回の閲覧

最新記事

すべて表示