C.C.O完璧主義エレジー

You Tubeを観てますよ! と声をかけていただくことはあっても、 ブログを読んでますよ! という声は聞いたことはありません。 それでもひたすらケナゲに更新を続ける 顧客ブロガーITOです。

そのYou Tube動画、 「600時間レストアシリーズ」。 ボランティア撮影/編集スタッフたちが 熱心に制作しているおかげで おおむね好評をいただいているようです。 しかしなあ‥‥。 太田社長はときどき嘆くのです。 あのレストア動画を観た人が C.C.Oは完璧品質なんッスよね? って捉えられちゃうと そりゃマズイんですよねえ。 ん?実は動画の裏側で 手抜きをしまくっているのを隠蔽し、 捏造を繰り返していた! ってことなのか。。。。 と心配になりますね。 でも、大丈夫。 手抜きやインチキをしないのは ワタシだけじゃなく C.C.Oの顧客の皆々様たちは 知りすぎるぐらい知っています。 ではいったい何がマズイのか? 太田社長の心中を察するとですよ。 ほんの些細な不具合や、 わずかなサビや傷を許したら、 いきなり悪評になっちゃうでしょ! ってことを心配しているのか? ハードウエアは壊れるものだし、 傷つくし錆びる。色即是空や! ‥‥とは言うものの、 やっぱり完璧なクオリティを 求めてしまいますよね。 ワタシのミニだって できれば永遠に壊れないでほしい。 そういうもんですよね。 では品質とはなんぞや? ですよね。 C.C.Oのスタッフじゃなく、 顧客ITOだからこそ伝えたい!! 品質っていうのは、 完全主義というわけじゃなく、 丁寧さだったりとか、 細かい配慮だったりとか、 ちょっとした余分なひと手間とか、 そういうことだと思うのです。 C.C.Oの品質って。。。 ヒーターカバーを 外して点検してもらった際、 ワタシが防振用に挟んでおいた フェルトの切れ端の用途を察して 外れないように接着してくれた。 オーディオの脱着時、 ケーブルの不具合を見つけ ビミョーに修正してくれた。 ケーブルコネクタは ギボシじゃなくハンダ付けで! そういう手間を めんどくさがらず、 サラッとやることだと思うのですね。 壊れない品質を求めるなら、 新車のTOYOTAがあるわけですから。

閲覧数:336回

最新記事

すべて表示