オーバーホール後6年|不具合履歴公開

こんにちは顧客ブロガーITOです。 ミニは壊れやすい。 でもC.C.Oのミニなら 全然壊れない絶対的な品質がある! とYou Tubeの太田純司伝説で 刷り込まれがちですよね。

逆にあの作業工程で仕上げれば ホンマに壊れないミニができるのか? と疑っているマニアも少なくはず。 そして用心深いあなたが 今このブログを眺めています。 …ということで今回は オーバーホールから6年。 ワタクシ顧客ITOのミニについて これまでに起きたトラブルを一挙公開。 本当のところをバラします。 ■症状1:稀にエンジンストール? 内容/2017年。冷房使用時の停止直前、 ニュートラルに入れエンジン回転数が下がると 稀にストールする事態が生じる。 原因/ECUの判断エラーがあると予測。 対策/修正すると症状はなくなりましたが、 頻出しなかったため試行錯誤の追究。 ■症状2:オーバーヒートなの? 内容/2019年。水温計は正常値なのに なんか沸騰する?電ファン動いてなくね? 原因/サーモスタット不良。 対策/交換後正常に戻るものの、 新品でもハズレが多い代表部品とのこと。 水温計って曖昧すぎじゃね? ■症状3:この軋み音はどこ? 内容/2020年。メーター奥?ABCペダル奥? 発進時にキコキコと軋み音が鳴る。 原因/ステディロッドブッシュのヘタリ。 対策/ブッシュ交換。 4年経過の消耗品なので交換時期。 ■症状4:ヒーターの液漏れ 内容/2022年。ヒーターユニット奥から わずかにクーラントが滴っているのを発見。 原因/Oリングの消耗による緩み。 対策/交換&周辺部品見直し。 以上6年間の記録です。 ミニにありがちと言われる オイル漏れやミッションの不具合は 幸い一度もありません。 トラブルというより 消耗品がしっかり消耗しちゃってる って感じでしょうか。 この不具合は多いですか?

閲覧数:400回

最新記事

すべて表示